Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.



どのような企業がSASEを利用すべきか?


SASEは、ネットワークとセキュリティの両機能を単一サービスのクラウドネイティブなアーキテクチャに集約し、セキュリティの焦点をトラフィックフロー中心からアイデンティティ中心に移すものです。SASEは、グローバルなネットワークファブリックにセキュリティが埋め込まれたテクノロジーパッケージであり、ユーザーの場所、アクセスするアプリケーションやリソースの場所、あるいはユーザーとリソースを結ぶトランスポート技術の組み合わせに関係なく、常に利用可能です。

ネットワーク機能とセキュリティ機能の融合は、技術導入へのアプローチ、予算編成の方法、購買決定の方法など、組織的、構造的、文化的に幅広い意味を持っています。

大企業や政府機関は、伝統的に構造が硬直しており、中小企業ほど機敏ではないため、その影響はより深刻です。

しかし、ネットワークとセキュリティを融合させるというSASE導入の最も重要な2つの原動力は、すべての組織に等しく当てはまりますが、特に金融、医療、政府機関にとっては重要です。

  • どこにいても仕事ができる(WFA)ワークフォースを実現するため
  • 急速に進むクラウドの導入において、アクセスを適切に保護するため

スタートアップ企業


事業を始めるのがかつてないほど簡単になりました。

  • スマートフォン、タブレット、ラップトップは、パワフルで、カスタマイズ可能で、どこにでもあり、有能なアプリケーションを実行できます。
  • 資本支出を最小限に抑えることができます。コンピューティングとストレージのリソースは、世界中の多くのクラウド・プロバイダーから、簡単かつコスト効率の高い方法で利用できます。
  • 大都市圏では、携帯電話やブロードバンドのネットワークが普及しており、価格も手頃です。

その一方で、ハッカーはかつてないほど洗練され、数え切れないほど存在し、彼らも同様にWFA(Work-from-Anywhere)やクラウド技術を利用しています。そのため、10人未満の小規模な企業であっても、セキュリティの危険性を認識し、業務の安全性を確保するための対策を講じる必要があります。

幸いなことに、SASEの参入障壁は同様に低く、ユーザーごとに価格設定された純粋なクラウド型ソリューションにより、小規模な企業をコスト効率よく保護することができます。

中堅・中小企業(SME)


中小企業は、最もコスト意識の高い組織であり、大規模なITチームや拠点ごとの単機能ボックスの山を管理する予算はありません。そこでダイレクトインターネットアクセス(DIA)技術が救世主となりました(コスト削減にもつながります)。従業員が自分のタブレット、スマートフォン、ラップトップを使用することで、ユーザーデバイスのコストは驚異的に下がりました。

クラウドアプリケーションはもう一つの解決策です。サーバー、OSのアップグレード、ボックス、追加のボックス、パフォーマンス低下などを考える必要はなくなります。

このような経済的な利便性には、セキュリティという隠れたハンディキャップが付き物でした。DIA、BYOD、クラウドアクセスは、企業の攻撃対象域を大幅に増大させてしまうのです。ハッカーにとって、これほどうれしい環境はありません。SASEテクノロジーは、資産とユーザーを保護し、コスト削減を可能にすることで、この問題を解決します。クラウドで提供されるSASEを利用すれば、中小企業は必要なサービスを簡単に追加することができ、ボックスの購入、設定、導入、管理は必要ありません。管理されていないユーザーのデバイスは、ビジネス目的のために即座に保護されます。クラウドで提供されるSASEの機能とユーザーごとの価格設定方式により、低コスト化が可能になります。

大企業


多くの大企業にとって、covid19パンデミックによって一夜にして引き起こされた分散型ワークフォースモデルは居心地が悪く、不慣れな運用モードに突如として訪れた警鐘でした。

少数のリモートワーカー向けにVPNアグリゲーションの容量が厳しく制限されていた従来のWANアーキテクチャは、大多数のWFA運用には全く不十分であることが明らかになったのです。

SASEは、エンティティとセッションにアイデンティティベースのセキュリティをもたらすとともに、トランスポートメディアの独立性を実現します。Secure SD-WANとSASEの組み合わせは、アプリケーションのソース(クラウド)だけでなく、アプリケーションが消費される場所(従業員―管理下にないデバイス)にもセキュリティをもたらします。SASEテクノロジーは、100%WFAモデル、DIA、BYOD、マルチクラウドのアプリケーションやリソースが地域やグローバルに分散している環境においてスケーラブルなセキュアアクセスを提供してくれます。従来のWANやセキュリティでは、これらの変化に対応してセキュリティ、制御、可視性、パフォーマンスを維持することはほぼ不可能です。

政府組織


政府は、大企業と同様に、運営環境の大きな変化を経験しており、これらに対応するための近代化に努めています。

  • ユーザーが求めるものの変化:  ユーザーや市民が情報やサービスにどのようにアクセスすることを期待しているのか。
  • サービス提供モデルの変化:ネットワークとセキュリティの近代化、そしてマルチクラウドへの進化。
  • サイバー脅威とサイバースパイ行為の増加:  脅威がますます高度化していることに加え、政府のサイバー防衛活動が劇的に拡大している現況。

従来の政府ITの近代化の阻害要因には、以下のようなものがあります(これらはすべてSASE技術を採用することで軽減され、対処することができます):

  • 頻繁な再設定:頻繁な再設定:大規模なネットワークや急速に変化する脅威環境の中でセキュリティの変更が必要になった場合、複雑な再設定が必要になります。
  • 統合ツールの不足:大規模ネットワークのセキュリティを確保するためのリアルタイムの可視性、アナリティクス、ツールが不足しています。
  • 物理的な場所での運用:オペレーションは物理的な場所に制限され、そこに固定されています。
  • 複数のソフトウェアスタックによる非効率性と脆弱性:数多くのベンダーが提供するアプライアンス、OS、ソフトウェアスタックは、管理の複雑さとセキュリティの脆弱性をもたらします。
  • 高いスキルが要求されること:スタッフは多くのベンダーの設定やインターフェースに精通している必要があります。

リセーラー


販売代理店は、複数の業界、さまざまな規模の顧客、さまざまなプロファイルの企業など、市場で実際に起こっていることを最も幅広く把握することができます。多くの老舗販売代理店は、堅牢なソリューションを自信を持って展開しているという専門的な評価を得ています。しかし一方、多くの販売代理店は、歴史的な複雑さを理由に、ポートフォリオにセキュリティを提供することを避けてきました。

SASEテクノロジーの柔軟性は、クラウド型、アプライアンス型、またはそれらの組み合わせ、固定価格、ユーザー価格、帯域幅価格、またはアプライアンスベースの価格など、ネットワークとセキュリティを統合した強固なポートフォリオを提供する新たな機会を提供します。これにより販売代理店は、ネットワーク、アプリケーション、ユーザーイネーブルメント、およびセキュリティの統合を要求するRFP/RFIに対応することができ、入札を成功させることができます。

サービスプロバイダー(SP)


サービスプロバイダーは、クラウドベースのSASEサービスを現在のSaaSインフラに追加したり、既存または新規のマネージドサービスポートフォリオの一部としてSASEのオンプレミス実装を提供したりすることができます。加えて、SPは自社のネットワークバックボーンを活用してSASEのゲートウェイ/POPサービスを提供することで、様々な地域の企業や世界中に拠点を持つ企業にとって、クラウド型SASEが実現可能なソリューションとなります。

無料の電子ブック

SASE
For Dummies(SASE入門)

ベストプラクティスと実際の顧客への導入、そしてSASEを導入した組織にもたらされるメリットなど、SASEのビジネス・技術的背景に関する説明が含まれています。