Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

ヘルスケア業界向けのSecure SASE


新時代の技術上の進歩により、ヘルスケア分野では、収益性を向上させながら患者サービスを管理・提供するための新しい革新的な方法が提供されています。「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律」(HIPAA)では、組織が患者データを保護することが義務付けられており、Secure SD-WANソリューションを展開することで、コンプライアンス要件の遵守を簡素化することができます。最高の医療を守り、提供するための新しい時代において、医療機関は従来のシステムやツールをデジタル化していく必要があります。

  • クラウドは、医療従事者や患者がどこにいても、電子医療記録(EHR)を簡単に保存し、常にアクセスできるようにします。
  • 病院では、モバイル端末から患者の記録に迅速かつ安全にアクセスするために、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップインフラストラクチャ)の採用が進んでいます。
  • 遠隔医療施設は、医療従事者がビデオ会議を介して仮想的に患者に医療相談を行う施設です。これによって、病院は直接患者宅を訪問するコストを削減できるだけでなく、遠隔地や地方にいる患者に質の高いサービスを提供することができます。
  • IoT、AI、ビッグデータ分析などの有望なテクノロジーが、ヘルスケア分野にユニークで注目すべき機会をもたらしています。これらの新しい技術を採用することで、医療機関は業務の合理化、患者の嗜好や市場動向情報の収集、予知・予防医療の促進、ウェアラブルを用いた患者のバイタルの遠隔監視、複雑な医療行為や臨床試験の快適かつ効率的に実施することができるようになっています。

ヘルスケアにおけるデジタルトランスフォーメーションの世界市場は、2019年から2024年の予測期間中に14.5%のCAGRを記録し、2024年には501億5000万米ドルに達すると予測されています。

ヘルスケア市場調査レポート

医療機関の停電や非効率性を解消する

技術革新は、今日のお客様の期待に応える患者中心のサービスモデルを構築する上で、ヘルスケア分野で大いに役立っています。しかし、デジタルで推進されるこの複雑なエコシステムを、効率的かつ費用対効果の高い方法で維持し続けることは、終わりのない課題とも言えるものでした。

WANネットワークは、医療スタッフ、機器、病院の支店、VDI、患者など、医療に関わるすべてのユニットを支えるバックボーンです。この複雑かつ大規模なデジタル環境をサポートするには、安全性、拡張性、俊敏性、およびパフォーマンスの高いネットワークインフラが必要です。その一方で、従来のWANの非効率性は日増しに増大しており、変化する需要に対応できず、サービスデリバリの点で大きなボトルネックを生み出しています。

  • VDIでは、患者の記録や医療画像にアクセスするために、帯域幅を要するクラウドアプリケーションを使用することがよくあります。主に高価なMPLSで運用されているレガシーWANでは、帯域幅の容量が限られているため、こうしたニーズに対応できません。帯域不足を補うためにMPLSを増設する方法は、費用と効果の点で割にあわないものになりつつあります。
  • 遠隔医療では、音声やビデオなどのリアルタイムアプリケーションを活用して医療相談が行われています。従来のWANではネットワーク障害が頻繁に発生し、通話の途切れ、音声の飛び、ビデオ表示の乱れなどによりユーザーエクスペリエンスが損なわれていました。
  • ヘルスケアの分野では、HIPAA や PCI-DSS などのデータプライバシーや決済セキュリティに関する規制が厳しく適用されています。複数のデバイスやインタフェースが使用されている従来型のWANは、すべてがサイロ化しており、ネットワークの可視性が低いため、コンプライアンスの管理は複雑で困難な作業となっており、社内での検証後、すべての支店でソフトウェアのアップグレードを処理するのに数ヶ月もの期間を要していました。
  • 組織の合併・買収は、ヘルスケア分野であっても、成長戦略と生き残り戦略に不可欠な要素です。レガシーなWANネットワークを使って新しい支店を立ち上げたり、統合したりするのは悪夢のように長期間を要し、その分、市場投入期間も間延びしてしまいます。

レガシーWANの問題に加えて、医療機関は、コスト削減、業務効率の向上、患者からの要求への対応、厳格な規制遵守の維持など、経営上の期待と戦い続けています。

SASEによる最高レベルのケアを提供

業務上の非効率性を解消し、デジタルの成長を促進できる最新のネットワーキングソリューションを求めて、ヘルスケア業界は現在、Secure SD-WANに注目しています。

既存のネットワークインフラをすべて取り払うようなコスト、時間、複雑さは必要ありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。

常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性が確保され、クラウド上でホストされている帯域幅を必要とするEHRや遠隔医療アプリケーションへの断絶のないアクセスが可能になります。Secure SD-WAN:SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力もまた、MPLSによる帯域幅のコストの大幅削減に寄与します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなヘルスケアアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は、複雑なネットワークの処理に費やす時間を減らし、ビジネスアプリケーションやサービスに時間と集中力を振り向けることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、ITチームは、中央のオーケストレータからすべてのブランチにパッチを展開し、ポリシーの更新を行い、規制上の義務を厳守することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することでヘルスケア提供組織は複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に伝播または統合することができ(1ヶ月未満!)、また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業のための訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、機密性の高い患者情報や支払い情報に関連するトラフィックを、通常の社内トラフィック、ゲストや患者のWiFiトラフィック、IoTトラフィックなどから分離し、強固なセキュリティと規制遵守を実現することができます。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することでヘルスケア機関は、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れることなくクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。