Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

RBI

リモートブラウザアイソレーション

リモートWebブラウジングにより、危険なウェブ上での活動を抑制。

Versa SASEの一部であるVersa RBIは、ユーザーのブラウザアクティビティの実行を、クライアントデバイスから、オンプレミスまたはクラウドでホストされているリモートサーバーに移します。これにより、ブラウザベースのセキュリティ侵害を防御し、匿名ブラウジングとリスクのないオープンインターネットアクセスの手段を活用することができます。

ユーザーが公共のインターネットを閲覧する際、リモートブラウザはユーザーの物理的なエンドポイントや企業ネットワークから隔離されています。そのため、リモートウェブブラウジングセッションに対するあらゆる攻撃は、仮想環境内に限定されます。

すべてのブラウザセッションは隔離された環境で実行されるため、漏洩した情報がユーザーの作業環境に感染することはありません。ブラウザレベルでの攻撃は予想されますが、リモートブラウザを使用する場合、攻撃は他のシステムに届かず、持続しません。また、使用するたびにセッションがリセットされるため、脅威を排除することができます。

RBIによる組織のデータ保護について

RBIはこの他にも、特に管理されていないデバイスや信頼できないデバイスが機密情報や重要な情報へのアクセスに使用されている場合のデータ保護に役立ちます。

システムは、管理されていないデバイスに情報やファイルをダウンロードさせるのではなく、機密情報をリモートないし隔離されたブラウザインスタンスにダウンロードします。管理されていないデバイスや信頼されていないデバイスには、データの視覚的な表示のみがなされるのです。

Versa RBI(Remote Browser Isolation)の展開。

Versa RBIは、2つの方法で実装することができます。まず、第一の保護手段として、RBIを使用してすべてのサイトをレンダリングし、必要に応じて他のフィルタリング(主にサイトのカテゴリ化)を適用します。もうひとつの方法は、従来のウェブプロキシの機能として、サイトの評判に基づいてRBIを用いてサイトを選択的にレンダリングするものです。その仕組みは以下の通りです。

  • ユーザーのセッションは、URLのフィルタリングとカテゴリ化に基づいてリスクをスキャンします。
  • 危険なウェブサイトは、リモートのブラウザで表示されます。
  • サニタイズされたページ(主に画像ファイル)は、ユーザーのブラウザ上でレンダリングされます。

RBIは、ウェブブラウザのセッションに対して、選択的にコンテンツの武装解除と再構築(CDR)を行います。Versa RBIは、以下の2つの方法で動作します。

  • プラグインやHTML5レンダラーを使って、ユーザーのブラウザにウェブページの画像をレンダリングする方法
  • ウェブページのHTMLから読み取り可能な情報を抽出し、ユーザーのブラウザ上で再構成する方法

SASEを展開する準備はできていますか?

SASEを展開するための準備についての説明をお聞きください。

今日のネットワークアーキテクチャは、デジタルビジネスの要件を満たしていません。そのため、新しいアプローチが必要であり、最終的には企業はSASEによる変革の準備をする必要があります。

Versa SASEの展開方法

Versa SASEは、お客様のネットワーク環境に合わせて、さまざまな展開オプションをご用意しています。

オンプレミス

アプライアンス、ベアメタル、ハイパーバイザー、コンテナなど、オンプレミスのハードウェアに展開するソフトウェアとしてご利用いただけます。

クラウド

ネットワーク、セキュリティ、アナリティクスをクラウド経由で提供するサービスとして、回線の細い支店やエンドユーザーに提供。

クラウドとオンプレミス

SASEのサービスをクラウドとオンプレミスの両方で提供することで、あらゆるワークプレイスに対応可能です。