Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

在宅勤務は「ニューノーマル」。

企業は、業務や事業の継続性を維持するために、リモートワーク(「在宅勤務」と呼ばれることも多い)がオフィス文化の標準となるという新しいパラダイムに否応なく対応する必要に迫られています。

全従業員がさまざまなデバイスを使ってリモートで接続するようになったことで、企業はネットワークやセキュリティに関する多くの課題に直面することになりました。拡張性、柔軟性、俊敏性、安全性を備えたリモートワークを実現するためには、これまで以上に新しいネットワークモデルが必要とされています。

 

ゼロトラストの時代に回復力と信頼性を獲得する。

リモートワーカーの数が劇的に増加し、スケールアップして日々のニーズをサポートするための適応性と俊敏性のあるネットワークインフラが不足していることから、ネットワークの回復力と信頼性に対する需要が生まれています。ユーザーがクラウドホストアプリケーション、オンプレミスアプリケーション、VoIP、仮想デスクトップアプリケーション、そしてSalesforceやOffice365などのSaaSアプリケーションに遠隔地からアクセスするようになると、セキュリティとパフォーマンスへの要求が急増します。

このような膨大なネットワークトラフィックに対応するためには、「在宅勤務」をシームレスかつセキュアに実現する最新のソリューションが必要です。従来のネットワークアーキテクチャでは、デバイスごとに手動で設定したり、非常に低速なリモートサイトへの展開を行っていたため、最新の要件を満たすことができません。

Versa Secure Accessを通じて提供される
スケーラビリティとセキュリティ。


Versa Secure Accessは、弾力性と信頼性のある「在宅勤務」ソリューションであり、遠隔地にいる社員や自宅で仕事をしている社員にSASEサービスとプライベート接続を提供する業界初のソリューションです。これらの従業員は、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方にあるアプリケーションに安全に接続することができます。Versa Secure AccessはVOS™ 上で動作するVersa SASEの一部であり、クラウド、オンプレミス、またはその両方を融合した形で利用できます。

エンドユーザーは、エンドデバイス上で直接リモートアクセスサービスを利用できるようになり、SASEのすべてのメリットを享受できるようになりました。Versa Secure Accessは、ネットワークとアプリケーションの監視により、エンドユーザーに確実な体験を提供します。これらはすべて、NSS(現CyberRatings)が推奨する統合セキュリティスイートに支えられています。

遠隔地からの接続が大半を占めるようになり、脅威の境界線が拡大している企業を守るために、Versa Secure Accessは、業界で最も幅広いセキュリティ機能をSASEソリューションとして提供しています。これらのセキュリティ機能が提供されています:

  • ステートフルファイアウォール
  • DoS攻撃対策
  • 次世代型ファイアウォール
  • 侵入防御システム(IPS)
  • URLフィルタリング

これらのセキュリティ機能は、プライベートデータセンター、パブリッククラウド、およびSaaSロケーションでホストされている企業リソースにプライベートに接続するエンドユーザーのクライアントデバイスに適用されます。上記の機能に加えて、Versa Secure Access Serviceは、企業が保有するRADIUS、LDAP、またはActive Directoryサーバーを使用して、統合されたセキュリティとユーザー認証機能を提供します。

また、二要素認証にも対応しており、セキュリティを強化しています。Versa Secure Accessは、業界標準のIKEv2/IPsecスタックを使用し、強力な暗号と大きなキーサイズでネットワークトラフィックを保護します。さらに、VPCでホスティングされたアプリケーション、マルチクラウド環境、およびSaaSアプリケーションのためのプライベート接続を提供します。

Versaは、WFHのセキュリティを確保するZero Trust Network
Accessを実現します。


Versa Secure Accessは、ゼロトラストネットワークアクセスサービスを提供するクラウドマネージドソリューションであり、セキュリティやユーザーエクスペリエンスに妥協することなく、分散したユーザーとアプリケーションを効率的に接続します。Zero Trust Network Access(ZTNA)は、誰も信用しないという基本的な哲学に基づいており、ユーザーはアクセスする前に権限を確認する必要があります。

セキュアなアクセスというコンテキストでは、この要件はVersa Secure Accessの以下のような差別化された機能として実現されています。

  • アプリケーションの細分化によるアクセス制限
  • 強力な多要素認証(MFA)
  • アプリケーションとロールベースのきめ細かな制御
  • アプリケーションとネットワークの可視化