Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

Versa Routing

俊敏性の向上とコスト削減を実現するソフトウェアベースの集中管理型ルーター。


Versa Networksは、サードパーティ製または独自のアプライアンスに展開可能な仮想ソリューションを用いて、ルーティングに対する独自のアプローチを提供しています。仮想的に提供されるVersa Routingにより、サービスプロバイダーは一元管理されたルーティングシステムを展開することができ、ハイパフォーマンスで低コストのカスタムサービスを実現することができます。

Versa Routingは、従来のマネージドルーティングに伴うサービス保証、統合、運用上の課題を解決し、迅速なサービスの俊敏性、リアルタイムのプロビジョニング、優れたサービス可用性、堅牢なセキュリティ、低所有コストを実現するキャリアグレードのソリューションを提供します。

ハードウェアベースのルーティングの課題


多くの企業は、ネットワーク技術を効果的に管理したり、支店やリモートサイトをサイバー犯罪から守るために必要な専任のITリソースが不足していることを認めています。このようなITリソースの不足により、サービスプロバイダーは、エンタープライズグレードのルーティングとWAN最適化に特化して設計された一連のマネージドサービスで対応するという少し変わった立場にあります。

しかし、多くの企業は依然としてルーティングとヘッドエンドのインフラの両方にハードウェアベースのアプローチを採用しています。このようなアプローチでは、展開と管理に多大な時間を要し、関連するハードウェアと運用コストのために、プロバイダーが提供できるサービスの数が制限されます。

セキュアかつシームレスな仮想ルーティングを実現


マネージドサービスの提供範囲を拡大し、企業へのサービスを向上させるには、プロバイダーは、ハードウェアベースのルーティングによるサービスの構築・運用から、仮想化ネットワーク機能(VNF)を活用したソフトウェアベースのアプローチへと移行する必要があります。低コストのコモディティアプライアンスに展開することで、マネージドルーティングなどのVNFベースのサービスは、ハイパフォーマンスとSASEのフル機能セットの両方を、特定メーカーの専用ルーターをベースとしたサービスよりも大幅に低い資本コストと運用コストで提供することができます。

Versa SASEは、ネットワークとセキュリティの幅広いサービスを網羅しており、サービスプロバイダーは、中小企業と大企業の双方のお客様に、コスト効率の高いVNFベースのマネージドサービスを提供することができます。

例えば、中小企業のお客様の支店サイトにVersa routing VNFを小型のアプライアンスを展開する一方、プロバイダーのデータセンターでホスティングされた追加のセキュリティサービスと組み合わせることができます。小規模なお客様は、プロバイダーが管理するプロトコルとポリシーに完全に対応したルーターを展開し、さらにプロバイダーがホストするセキュリティ機能 ― 自社では購入・サポートできないエンタープライズグレードのインフラ ― を利用することができます。

サービスプロバイダーの俊敏性とコスト効率を最大化するよう設計されたVersaのルーティングソリューションは、マルチテナンシー、マルチサービス、弾力性、ゼロタッチプロビジョニングといった特性を備え、あらゆる価格帯と運用要件に対応します。


サービスの俊敏性の向上

VOSをベースにしたVersaの仮想ルーティングソリューションにより、サービスプロバイダーは、ほぼすべての機能をPoP、中央オフィス、またはデータセンターに集中させ、中小企業向けにカスタマイズされたサービスを設計することができます。

これにより、仮想ルーティングの展開が大幅に簡素化かつ迅速化され、サービスプロバイダーはきわめて低コストのアプライアンスをお客様の拠点に納入し、Versa Director中央管理プラットフォームを活用して、転送やルーティング機能の調整をゼロタッチでプロビジョニングすることができます。

サービスによる収益の拡大

Versaルーティングソリューションでマネージドサービスを構築する場合、プロバイダーは限られたオンサイト機能(別名「シンブランチ」)をインストールし、通信事業者のクラウドベースの幅広い機能と組み合わせることで、低コストを維持しながら豊富なルーティングサービスを提供することができます。

これらのルーティングサービスには、アドバンストルーティング、次世代ファイアウォール、マルウェア対策、侵入検知・防御などの機能が含まれます。Versaのルーティングソリューションに含まれるすべての機能は、予算に制約のあるほとんどのお客様にとっては、パフォーマンスとセキュリティの要件を満たしているとは言え、スタンドアロンのハードウェアとしては手の届かないレベルのものです。

総所有コスト(TCO)の削減

Versa VOSソフトウェアをベースにしたVersaルーティングソリューションは、支店では非常に低コストのアプライアンスと組み合わせ、PoPや中央オフィスではVersa VNFを追加することで、従来のハードウェアベースのマネージドサービスと比較して、最終的にCAPEXを最大80%削減することができます。

また、Versa routingは、集中管理とゼロタッチプロビジョニングにより、トラックロールを排除し、ソフトウェアのアップデートなどの継続的なオペレーションを簡素化することで、OPEXを削減します。