Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

交通・輸送業界向けのSecure SASE


運輸・物流企業は、操業体制を合理化し、収益性を高めるために、新しいデジタルテクノロジーの利点を活用しています。一般的に、航空、貨物輸送、鉄道、港湾、海運などの輸送・物流企業は、いくつもの国や大陸にまたがって運営されており、その性質上、その組織は広く分散しています。

デジタルトランスフォーメーションは、このような大規模なネットワーク運営を効率的に行い、競争の激しいテクノロジー主導の市場で成功するために不可欠な、スピード、一貫性、予測可能性をこれらの組織にもたらしています。

レガシーコンポーネント/システムではもはや力不足である


運輸・物流企業は、通常のRFIDやGPS追跡システムを超え、自動化、IoT、AI、ビッグデータ、デジタルツインテクノロジー、ロボティクスなどの革新的な技術に投資し、効率的で持続可能な、環境にやさしいビジネスを構築しようとしています。

運輸・物流企業は次のような施策が求められます:

  • スケーラブルで効率的な「プラットフォームベースのビジネス」モデルを採用可能にするクラウドサービスを採用することで、収益の向上とカスタマーエクスペリエンスの大幅な改善を実現する
  • AIやMLベースのアルゴリズムは、変化する交通パターンや天候、商品の動きなどの情報を集約して、リアルタイムの更新や予測分析を行い、正確なETAを導き出し、スマートな意思決定を行う
  • IoTと高度なアナリティクスにより、在庫管理と倉庫業務の可視化と管理を強化する
  • 自動化により、仕分けや配送などの日常的な倉庫作業において、多くの物理的リソースを必要とせず、コスト効率の向上に貢献する
  • 自動運転フリートや電気トラックを可能にする5Gサポートネットワークは、企業の二酸化炭素排出量削減や持続可能性の促進をサポートします。

マネジメント、パフォーマンス、セキュリティ
の各課題を軽減


新しいテクノロジーは、輸送・ロジスティクス分野に無限の可能性をもたらします。その一方で、ネットワークインフラが整備されていないために、マネジメントやパフォーマンス、セキュリティの面では大きな課題を抱えています。運輸・物流業界の複雑で地理的に分散した業務を管理するには、安全性、拡張性、俊敏性、およびパフォーマンスの高いネットワークインフラが必須です。その一方で、従来のWANの非効率性は日増しに増大しており、変化する需要に対応できず、サービスデリバリの点で大きなボトルネックを生み出しています。

クラウドアプリケーションやリモートアクセスにより、トラフィックフローは大幅に増加し、常により多くの帯域を必要としています。高価な上に帯域制限のあるMPLS回線を中心に運用されているレガシーWANでは、増大する帯域需要に対応できず、、ミッションクリティカルな業務を停止させるネットワークの停止や遅延の問題が頻発しています。

ハブ&スポーク型のアーキテクチャは、データセンターへのトラフィックをバックホールすることで、さらに運用の遅延を招いています。レガシーWANネットワークの大きな落とし穴の1つは、システム運用の可視性が低いことです。可視性は、特に広範囲に分散している運輸・物流分野において、管理ミスを回避し、厳格な規制遵守を維持するための鍵となります。さらに、レガシーWANのハードウェアを中心とした複雑なアーキテクチャは、ネットワーク管理や新しいブランチの展開を果てしなく困難なものにしており、3ヶ月から6ヶ月もの時間を要し、市場投入までの時間が非常に長くなっています。

新しいテクノロジーはエキサイティングであると同時に、大きなセキュリティリスクをもたらします。配送車に広く使われているIoTセンサーや、その他のAIベースのテクノロジーは、想像を絶するセキュリティ侵害や金銭的損失につながるセキュリティギャップを残しています。

SASEでA地点からB地点のセキュリティを確保

現在、交通・輸送業界は、増加するトラフィック量を常にサポートし、リアルタイムの相互対話を改善し、クラウドとの接続を確保し、運用コストを削減し、デジタルの成長を促進することができる最新のネットワーキングソリューションを求めて、Secure SD-WANに注目しています

既存のネットワークインフラをすべて捨て去るようなコスト、時間、複雑さはありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。


常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性が確保され、帯域幅を必要とするAIやARなどのアプリケーションへのアクセスが途切れることはありません。Secure SD-WAN:SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力もまた、MPLSによる帯域幅のコストの大幅削減に寄与します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は、複雑なネットワークの処理に費やす時間を減らし、ビジネスアプリケーションやサービスに時間と集中力を振り向けることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、IT部門は、単一の中央オーケストレータから、すべての支店にパッチを展開し、ポリシーの更新を行い、規制上の義務を厳守することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することで、運輸・物流企業は複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に伝播または統合することができ(1ヶ月未満!)、また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業のための訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、ビジネスインテントに基づいてアプリケーションを分類し、機密データのトラフィックを通常の企業トラフィックから分離することで、より高いセキュリティと規制遵守を実現することができます。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することでエンジニアリング企業は、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れずにクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。