Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

公共機関向けのSecure SASE

予算の抑制、コラボレーションの欠如、処理の遅延などにより、連邦政府、州、市などの政府機関は、IT改革を加速するために、安全でコスト効率の高いネットワークソリューションを必要としています。

また、デジタル社会の進展に伴い、政府機関は、ワークフローの合理化、市民サービスの質の向上、長期的なコスト削減を実現するために、業務の改革を迫られています。

そこで政府機関は現在、以下のような方法でITスタックの刷新を進めています。

  • マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境への移行により、アプリケーションやワークフローが統合され、リモートワーク環境を最適化されるとともに、サーバー管理の問題が解消され、時間とコストが大幅に削減されます。
  • 社内業務を自動化することで、反復的で時間のかかる複雑なプロセスが標準化され、運用コストが半減され、膨大な手作業の時間が削減されます。例: メールルームや買掛金の処理の自動化
  • 安全かつ効率的なデータ転送を管理することで、あらゆるデジタルチャネルで市民とのシームレスな交流が可能になり、市民の行動パターンから重要な洞察を得ることができるようになります。

また、代理業者は以下の方法でよりスマートな意思決定を行っています:

  • データ分析とAPIプラットフォームの活用により、サードパーティに製品を提供し、民間パートナーやNGOを引き付けることができます。
  • ユーザーのコンテキストを理解し、ロールベースのアクセス制御を適用することで、エンドユーザーの体験を豊かにします。
  • 公共インフラの効率的な監視・運用・管理を可能にする集中型ネットワークで、よりスマートで高速なコネクテッドシティを構築します。
Accelerate Government Modernization with SASE
Suss Consulting Research Report

Suss Consulting discusses how services are evolving and Secure Access Service Edge (SASE) will speed delivery of IT modernization benefits across the federal government.

非効率の削減とコンプライアンスの実現

新しいデジタル技術が公共部門にエキサイティングな成長の機会をもたらした一方で、サポートするネットワークインフラの欠如が進歩を妨げ、効率を低下させています。

WANは政府機関の通信に不可欠な要素となっていますが、これはアプリケーションやサービスがWANに依存しているためです。

今日のWANは、データトラフィックや無線ネットワークのトラフィックなど個別のネットワークアーキテクチャをサポートするために柔軟性が求められています。ネットワーク接続は、政府機関の目的やモバイル戦略をサポートすると同時に、顧客データの安全性、機密性、コンプライアンスを確保する必要があります。また、ユーザー体験の質を維持するためには、WANが最適なパフォーマンスを発揮する必要があります。

しかし残念なことに、従来のWANの非効率さは日に日に増大しており、新しいテクノロジーや消費者の要求の変化に対応できず、パフォーマンスやセキュリティの巨大なボトルネックを生み出しています。

主に帯域制限のある高価なMPLSプライベート回線で運用されているレガシーWANは、帯域を必要とするクラウド、AI、IoT、ビッグデータのアプリケーションのニーズを満たすには不十分です。さらに多くのアプリケーションが展開される中、データセンターのバックホールを利用したハブアンドスポーク型のアーキテクチャは、アプリケーションへのアクセスを遅延させ、プロセスのスピードを低下させ、ユーザーの不満はつのるばかりです。

リモートアクセスや広範なクラウド利用に伴い、サイバー攻撃のリスクも高まっており、サイロ化されたセキュリティシステムを持つレガシーなWANネットワークでは、クラウド上にホストされている機密性の高い重要な資産やリソースを保護することができません。さらに、レガシーWANのハードウェアを中心とした複雑なアーキテクチャは、ネットワーク管理や新しいブランチの展開を果てしなく困難なものにしており、3ヶ月から6ヶ月もの時間を要し、市場投入までの時間が非常に長くなっています。今や、従来のWANネットワークでは、データのセキュリティとプライバシーに関する連邦および州のコンプライアンス要件に対応できなくなっています。

SASEによるネットワークの近代化


テクノロジーを駆使した新時代のサービスモデルに対応できる最新のネットワークソリューションを求めて、政府機関は現在、Secure SD-WANを採用しています。既存のネットワークインフラをすべて取り払ってしまうようなコスト、時間、複雑さはありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。

Secure SD-WANは、アプリケーションをより速く、より安全に、より確実に実行します。また、場所を問わず、すべてのアプリケーションユーザーに一貫した最高品質のエクスペリエンスを提供します。Secure SD-WANでは、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性、コントロールを犠牲にすることなく、政府機関に対して最適なアプリケーション配信インフラを自由に採用することができます。


常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性が確保され、クラウド上でホストされている帯域消費量の大きいアプリケーションへのアクセスでも中断されることがなくなります。Secure SD-WAN:SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力もまた、MPLSによる帯域幅のコストの大幅削減に寄与します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は複雑なネットワークへの対応に費やす時間を減らし、より多くの時間と集中力をサービスの向上に役立てることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、ITチームは、単一のセントラルオーケストレーターからすべてのオフィスブランチにパッチを展開し、ポリシーの更新を一度に実施することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することで政府機関は複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に伝播または統合することができ(1ヶ月未満!)、また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業による訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、ミッションクリティカルなトラフィックを通常のトラフィックから分離し、優先順位をつけることで、強固なセキュリティと優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することで、政府機関は、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れずにクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。