Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

製造業界向けのSecure SASE


今日の製造業は、インダストリー4.0や「スマートファクトリー」への熱望に激しく動かされています。これらは、伝統的な製造手法と最新のデジタル技術が一体となって、プロセスを合理化し、効率を高め、間接費を削減します。

IoT、機械学習、ロボット工学、予測分析、自動化、3Dプリント、クラウドなどの先進技術を活用することで、メーカーはサプライチェーンプロセスの可視性、決定的な洞察力、コントロール能力を高め、変化の激しい競争市場に適応し生き抜くことが可能になります。

リモートコラボレーションとブランチサイトの課題

製造施設は地理的に分散しており、多くの場合、企業のオフィスやデータセンターから離れた場所にあります。データセンターでホスティングされているアプリケーションの場合、これらの施設間でのクリティカルなアプリケーションへのアクセスの提供は常に課題となっていました。クラウドに移行すれば、従業員がどこにいてもアプリケーションやデータに容易にアクセスできるようになるため、この課題が克服されます。

クラウドのコスト効率とスケーラビリティのメリットは、従来のデータセンターを中心としたアーキテクチャからの脱却を示しており、メーカーは今や、生産性向上、ERP、CADD、バックオフィスのアプリケーションをはじめとする今日のほとんどのアプリケーションをオンプレミスからクラウドほと移行しています。

スマートファクトリーは、在庫管理者、オペレータ、現場作業員、サプライヤー、請負業者、パートナーとの間でリアルタイムに情報を共有できるよう、IoTデバイス、カメラ、センサーなどを緊密にネットワーク化するように設計されています。機械の状態やパフォーマンスをリアルタイムかつ詳細にモニタリングすることで、従業員は十分な情報に基づいて迅速な意思決定を行い、製品品質の向上、エネルギー消費の最適化、機械メンテナンス時期の予測を行うことができます。

最後に、産業用ロボットは、メーカーが巨大でリスクの高い倉庫作業や出荷作業を容易かつ効率的にし、人間の介入を必要としません。ラピッドプロトタイピング機能を備えた3Dプリントまたはアディティブマニュファクチャリング(AM)は、メーカーが複雑な設計上の課題を克服し、リードタイムの短縮を実現するのに役立っています。

「デジタルトランスフォーメーション市場は、2019年から22.7%のCAGRで成長し、2025年には3兆2,940億ドルに達すると予想されています。」

デジタルトランスフォーメーションの技術別市場、2025年までの世界予測レポート

「地域別で見ると、2019年の世界のデジタルトランスフォーメーション市場では、北米地域が最大のシェアを占めた。」

デジタルトランスフォーメーションの技術別市場、2025年までの世界予測レポート

製造業はレガシーWANからの脱却が必要


デジタルトランスフォーメーションは、成長し続ける製造業にとってゲームチェンジャーとなっています。しかし、次世代のテクノロジーには、変化の絶えない需要に適応し、それを満たすために、俊敏性、コスト効率、安全性に優れた次世代型のネットワークが欠かせません。

従来のWANネットワークは、主に帯域制限のある高価なMPLS私設回線で運用されていたため、帯域を必要とするアプリケーションのニーズを満たすことができませんでした。より多くのアプリケーションが展開され、新しいクラウドプラットフォームが採用されるにつれ、データセンターのバックホールを用いたハブアンドスポークアーキテクチャは、アプリケーションのアクセスに遅延を生じさせ、パフォーマンスを低下させ、ユーザーの生産性に悪影響を与えています。

また、リモートアクセスの増加やクラウドの利用拡大に伴い、サイバー攻撃のリスクも高まっています。サイロ化されたセキュリティシステムを使用しているレガシーなWANネットワークでは、クラウド上にホストされている設計資産やリソースを保護することができません。さらに、レガシーWANのハードウェアを中心とした複雑なアーキテクチャは、ネットワーク管理や新しいブランチの展開を果てしなく困難なものにしており、3ヶ月から6ヶ月もの時間を要し、市場投入までの時間が非常に長くなっています。

ネットワークの品質はどこも一律であるわけではなく、遠隔地や農村部での運用は最大の課題となります。製造プロセスが基幹業務用ERPシステムに依存しているメーカーは、ダウンタイムにつながり、必然的にユーザーの生産性と収益の損失につながるような、低速で信頼性の低いWANを許容することはできません。

SASEにより複雑さとコストを削減

現在、製造業界は、増加するトラフィック量を常にサポートし、リアルタイムの相互対話を改善し、クラウドとの接続を確保し、運用コストを削減し、デジタルの成長を促進することができる最新のネットワーキングソリューションを求めて、Secure SD-WANに注目しています。

既存のネットワークインフラをすべて取り払ってしまうようなコスト、時間、複雑さはありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。

常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性が確保され、帯域幅を必要とするAIやARなどのアプリケーションへのアクセスが途切れることはありません。Secure SD-WAN:SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力もまた、MPLSによる帯域幅のコストの大幅削減に寄与します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は、複雑なネットワークの処理に費やす時間を減らし、ビジネスアプリケーションやサービスに時間と集中力を振り向けることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、ITチームは、中央のオーケストレータからすべてのブランチにパッチを展開し、ポリシーの更新を行い、規制上の義務を厳守することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することで製造メーカーは複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に伝播または統合することができ(1ヶ月未満!)、また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業のための訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、ビジネスインテントに基づいてアプリケーションを分類し、センシティブなデータのトラフィックを通常の企業トラフィックから分離することで、より高いセキュリティと規制遵守を実現することができます。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することで、製造メーカーは、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れずにクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。