Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

法律事務所向けのSecure SASE


プライバシー法や、クライアントやIPデータの保護は、法律事務所にとってミッションクリティカルな事項です。デジタルトランスフォーメーションが新たな機会への道を開き、センシティブなデータを保護するための効率性が一段と増幅される中、法曹界は新技術の採用を重要な優先事項として取り組み始めています。多くの法律事務所が今、新時代の働き方を採用し、その支店オフィスを相乗的に活用し、従業員やクライアントにスムーズかつ安全なエンドユーザー体験を提供しようとしています。法律事務所は現在、サービスを強化するために以下のような新しい方法を採用しています。

  • データやアプリケーションをクラウドに移行することで、ユーザーがどこにいても、クライアントのデータを簡単に保存し、すぐにアクセスできるようにしている。
  • VDI(仮想デスクトップ・インフラ)を活用することで、オフィスのスタッフがモバイル端末から機密性の高い顧客情報に迅速かつ安全にアクセスできるようにしている。
  • ビデオ会議を活用することで、世界中のパートナーやお客様とのつながりを深めるようにしている。
  • 新しいコラボレーションツールを導入することで、事件管理、クライアントとのミーティング、労力や経費のトラッキング、リソーストレーニング、ドキュメントの共有など、日常業務の効率化を図っている。

法律実務を新たなスタイルに

上記のような技術革新は、法律事務所が従来の仕事方式から脱却し、技術に精通した今日の消費者の期待に応えるために役立っていますが、旧来型のWANネットワークに効率的かつコスト効率よく統合して運用することは、依然として大きな課題となっています。

  • バーチャルコンサルテーションに使用されるビデオやVoIPなどのリアルタイムアプリケーションは、多くの帯域幅を必要とします。高価で帯域制限のあるMPLS回線を中心に運用されているレガシーWANでは、増大するトラフィックの要求に対応できず、ネットワーク中断が頻発します。その結果、通話が切れたり、音声が途切れたり、ビデオ映像にジッターが生じたりして、クライアントの体験に悪影響を与えていました。
  • クラウドが法律事務所のビジネスの拡張性と効率性の構築に役立っていることは間違いありませんが、セキュリティは依然として大きな問題です。法律事務所では、顧客情報、機密性の高い知的財産、事件の証拠など、非常にセンシティブな情報を扱うため、強固な保護が必要です。静的なデータセンターのセキュリティと複雑なハードウェアシステムで構成されているレガシーWANでは、クラウドプラットフォームに必要な種類のセキュリティを提供することはできません。さらに、リモートワークが当たり前になりつつある現在、サイバー攻撃はますます増加しています。
  • 法律事務所は、EUのGDPRや米国のCCPAなどのデータプライバシー規制にも拘束されています。複雑なアーキテクチャ、複数のインタフェース、貧弱な視認性のレガシーWANネットワークでは、すべての支店がこうした規制事項を遵守することは、たいへんな手間と時間のかかる作業となります。
  • セキュリティ上の理由でデータセンターへのバックホーリングを行うと、アプリケーションのパフォーマンスが低下し、全体的な運用や生産性がさらに低下し、追加コストが発生します。
  • 合併や買収は、法律事務所の成長と存続のための戦略には欠かせない要素です。レガシーなWANネットワークを使って新しい支店を立ち上げたり統合したりするには、長くて3ヶ月近くもかかり、市場投入までの時間も遅くなります。

25%

25%

米国で開業している法律事務所だけでも、全体の25%が少なくとも1回のデータ漏洩を経験しています。

SASEによる弁護士とクライアントのデータ保護


増加するトラフィックの流入を常にサポートし、リアルタイムの相互対話を改善し、クラウドとの接続を確保し、運用コストを削減し、デジタルの成長を促進することができる最新のネットワーキングソリューションを求めて、現在、法曹業界はSecure SD-WANに注目しています。

既存のネットワークインフラをすべて取り払ってしまうようなコスト、時間、複雑さはありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。


常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性を確保し、帯域幅を必要とする音声・映像アプリケーションへの継続的なアクセスを可能にします。Secure SD-WAN:SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力は、MPLSによる帯域幅のコストを大幅に削減します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は、複雑なネットワークの処理に費やす時間を減らし、ビジネスアプリケーションやサービスに時間と集中力を振り向けることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、ITチームは、中央のオーケストレータからすべてのブランチにパッチを展開し、ポリシーの更新を行い、規制上の義務を厳守することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することで法律事務所は複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に伝播または統合することができ(1ヶ月未満!)、また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業のための訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、ビジネスインテントに基づいてアプリケーションを分類し、センシティブなデータのトラフィックを通常の企業トラフィックから分離することで、より高いセキュリティと規制遵守を実現することができます。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することで、法律事務所は、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れずにクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。