Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

建築業界向けのSecure SASE


スマートで持続可能な都市やビルの建設は、今日、ほとんどの政府の優先事項となっています。デジタル革命は、建築事務所を進化させ、今日のモバイル中心でペースの速い世代による都市化の需要を満たすエンドレスな機会を生み出しています。新しいデジタル技術は、建築プロジェクトの認識、設計、開発の方法を大きく変えました。今や建築事務所はかつてないほどクラウドを活用しています。

  • クラウドベースのプラットフォームは、建築事務所が遠隔地からVoIPやビデオ通話でコラボレーションしたり、共有データベースを運用したり、ビジネスのスケーラビリティやコスト効率を向上させるのに役立っています。
  • 拡張現実(AR)や仮想現実(VAR)を用いた広帯域の3Dコンピュータ支援設計により、建築物の構造案を生き生きと表現します。こうした3D設計により、建築家、デザイナー、コンサルタント、請負業者は仮想的に集まり、選択肢を選び出し、決定を下すことができ、時間を節約し、コストのかかる現場での変更を不要にすることができます。
  • BIM(情報モデリングの構築)とは、設計や施工に関する重要な情報、関係者の要求、お客様の選択などを照合し、より良い協働作業や調整を行うことで、プロジェクトの迅速な遂行を可能にするものです。

「建築専門家の87%が、デジタル技術によって現在の仕事のやり方が変わりつつあることに同意している。」

マイクロソフト&RIBA|建築におけるデジタルトランスフォーメーションレポート

真のイノベーションを阻害するレガシーアーキテクチャ

技術革新により、コスト面や効率面で非常に大きなメリットがもたらされた一方で、管理、パフォーマンス、セキュリティ面では大きな課題が生じています。

従来のWANネットワークは、主に帯域制限のある高価なMPLS専用線で運用されており、帯域を必要とする3Dモデリング、ビジュアライゼーション、コラボレーションツールのニーズを満たすことができません。より多くのアプリケーションが展開され、新しいクラウドプラットフォームが採用されるにつれ、データセンターのバックホールを用いたハブアンドスポークアーキテクチャは、アプリケーションのアクセスに遅延を生じさせ、パフォーマンスを低下させ、ユーザーの生産性に悪影響を与えています。

また、リモートアクセスの増加やクラウドの利用拡大に伴い、サイバー攻撃のリスクも高まっています。サイロ化されたセキュリティシステムを使用しているレガシーなWANネットワークでは、クラウド上にホストされている設計資産やリソースを保護することができません。さらに、レガシーWANのハードウェアを中心とした複雑なアーキテクチャは、ネットワーク管理や新しいブランチの展開を果てしなく困難なものにしており、3ヶ月から6ヶ月もの時間を要し、市場投入までの時間が非常に長くなっています。

SASEで新しいモデルをデザインする


テクノロジーを駆使した新時代のビジネスモデルに対応できる最新のネットワーキングソリューションを求めて、建築会社は今、Secure SD-WANに注目しています。既存のネットワークインフラをすべて取り払うようなコスト、時間、複雑さは必要ありません。SD-WANオーバーレイは、費用対効果が高く、レガシーインフラと連携して短期間で展開することができます。

Secure SD-WANは、アプリケーションをより速く、より安全に、より確実に実行します。また、場所を問わず、すべてのアプリケーションユーザーに一貫した最高品質のエクスペリエンスを提供します。Secure SD-WANは、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性、制御性を犠牲にすることなく、建築会社が自社に最適なアプリケーション配信インフラを自由に採用できるようにします。


常時利用可能なネットワーク

Secure SD-WANは、MPLS、ブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなど、あらゆるタイプの複数の接続を集約する機能を備えています。Secure SD-WANは、利用可能なすべての帯域を活用することで、より多くのトラフィック量や帯域需要の変化に対応できるネットワークの機動性を高めます。これにより、ネットワークの継続的な可用性が確保され、クラウド上でホストされている帯域消費量の大きいアプリケーションへのアクセスでも中断されることがなくなります。Secure SD-WANのマルチトランスポートリンクの復元力は、MPLSによる帯域幅のコストを大幅に削減します。

優れたアプリケーションパフォーマンス

Secure SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーショントラフィックをビジネスインテントポリシーに基づいてインテリジェントに優先順位付けし、理想的なトランスポートルートに自動的に誘導します。これによって、ネットワークが停止した場合でも、ミッションクリティカルなツールやアプリケーションが常にスムーズに動作するようになり、アプリケーションの信頼性と体感品質がさらに向上します。また、IT部門は、複雑なネットワークの処理に費やす時間を減らし、ビジネスアプリケーションやサービスに時間と集中力を振り向けることができます。

管理と制御の一元化

Secure SD-WANは、管理と制御を一元化することで、WANの展開とモニタリングを劇的に簡素化します。シンプルなテンプレート駆動型のワークフローを使用することで、手間がかかりミスを起こしやすい設定が排除されます。ゼロタッチ展開により、ITチームは、中央のオーケストレーターからすべてのブランチにパッチを展開し、ポリシーの更新を一度に実施することができます。また、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザーを詳細に可視化し、異常を即座に検出して修正することができます。クラウドベースのSecure SD-WANを利用することで、建築会社は複雑なネットワークの管理を容易に行うことができ、新しいリモートブランチを迅速に普及または統合することができます(1ヶ月未満!)。また、プラグインするだけでクラウドサービスに即座に接続することができます。Secure SD-WANは、各ブランチサイトへの手作業による訪問が不要になるため、大幅な運用コストの削減にもつながります。

安全な接続性

Secure SD-WANのセグメント化により、IT部門は異なる物理環境をひとつのネットワークに安全に統合することができます。これにより、ミッションクリティカルなトラフィックを通常のトラフィックから分離し、優先順位をつけることで、強固なセキュリティと優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。さらにまた、次世代ファイアウォール、暗号化、コンテクストアウェアネスなどの最高の機能を備えたエンドツーエンドのマルチレイヤーセキュリティを統合しています。このようにセキュリティ機能を強化することで、建築会社は、データセンターでクラウドのトラフィックをバックホールするのではなく、セキュリティリスクを恐れずにクラウドのデータやアプリケーションに直接アクセスできるようになります。