Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

SD-WANはハイブリッドWANソリューションを最適化する

ハイブリッドWANとSD-WANの違いとは?

ハイブリッドWANは、ブランチ、データセンター、クラウド間のトラフィックを伝送する2つ以上の異なるネットワーク接続で構成されます。SD-WANとハイブリッドWANは同義ではありませんが、共生しています。SD-WANは、ダイナミックパスの最適化、パケットステアリング、リンクパフォーマンスの改善を展開することで、ハイブリッドWANのコンセプトを改善しています。

SD-WANとハイブリッドWANのメリットは何でしょうか?


この2つの異なるネットワーク接続は、MPLS回線とブロードバンド接続、異なるキャリアの2つのブロードバンド接続、ブロードバンド接続と携帯電話接続など、様々な組み合わせで表現されます。ハイブリッドWANは、アクティブ/パッシブではなく、アクティブ/アクティブにすることができるため、さらなる復元力と信頼性をもたらします。

SD-WANとハイブリッドWANのインテリジェンスの違い

ハイブリッドWANには運用上のインテリジェンスはほとんどなく、毎回同じルートでトラフィックを誘導し、プライマリパスが利用できなくなった場合にのみ別のパスを使用します。しかし、SD-WANでハイブリッドWANを管理すると、トラフィックを高度に操作・制御し、常に最適な接続で適切なトラフィックが流れるようにすることができます。この制御は、ビジネスの優先順位、動的に変化するネットワークの状況、多様なアプリケーションの要件に基づいて行われます。あらゆる種類の接続が、ソフトウェアオーバーレイを介して仮想化されます。このオーバーレイは集約された帯域全体を活用し、高度にきめ細かく自動化されたポリシーベースの制御でオーケストレーションを行います。

SD-WANは、ハイブリッドWANソリューションに帯域幅の効率性をもたらします。

また、トラフィックを最適な接続先に誘導することで、より効率的な帯域の利用を実現します。例えば、MPLSとブロードバンド回線のハイブリッドWANを導入している企業で、Microsoft Office 365などのクラウドアプリにアクセスする支店がある場合、そのトラフィックをOffice 365のポータルに直接送ることができます。クラウドベースのトラフィックを不必要に企業のデータセンターを最初に経由させる必要がなくなり、遅延やデータ損失の原因となる可能性がなくなります。ハイブリッドWANは、高価なMPLS接続を他のミッションクリティカルなビジネスアプリケーションのために確保します。

SD-WANのアーキテクチャには、アプリケーションインテリジェンスが組み込まれており、送信元や送信先を超えて、ネットワークによるディープパケットインスペクション(DPI)が可能です。アプリケーションの要件やアプリケーションに関連するコンテキストを理解し、ネットワークの状況に関わらず、高速で信頼性の高いセキュアなアプリケーション配信を実現します。SD-WANのアーキテクチャにより、最適なユーザーエクスペリエンスが達成されます。

SD-WANは従来のハイブリッドWANにインテリジェンスを与える


SD-WANは、個々のアプリケーションのSLA要件を理解し、それをネットワークが遵守すべきポリシーに変換します。これにより、プロアクティブなネットワークとアプリケーションのエクスペリエンスモニタリングが可能となり、オンプレミス、プライベート/パブリッククラウド、SaaSのいずれにおいても、最適なトラフィック配信と高品質なユーザーエクスペリエンス(QoE)が実現されます。

SD-WANは、従来のハイブリッドWANのブランチ接続に伴う煩雑なセキュアトンネルを簡素化します。また、SD-WANは運用インテリジェンスが存在する中央のコントローラにもなります。

自動化されたポリシーベースのフレームワークは、使いやすい単一の画面(Single-pane-of-glass)のインターフェースから、一元化された制御と管理を通じて伝播されます。これにより、IT部門は、分散したオフィスの接続を簡素化するために必要なゼロタッチの展開機能が得られるとともに、企業WAN全体ですべてのネットワークおよびセキュリティポリシーの監視とブランチへの配信を行うことができるようになります。

Secure SD-WANは、多様なネットワークおよびセキュリティ機能をネイティブに組み込み、可視性を高めます。このために、Secure SD-WANは、アプリケーション、デバイス、ユーザー、ネットワークに関するインサイトをIT部門が得られるようにし、すべてがビジネスの意図に沿っていることを確認できるようにしています。