Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

クラウドWANとは?

クラウドWANは、複数のクラウドコンピューティングやストレージサービスを単一のネットワークアーキテクチャ内に包含した、クラウド型のWANソリューションです。

企業のコネクティビティを高めるクラウドWAN

マルチクラウドやSaaSアプリケーションの急速な普及は、企業が今日の労働力の要求に応えるために生じています。アプリケーションのこのような俊敏性向上の要求に応えるため、企業はインターネットブロードバンド、ワイヤレス4G、LTEなどの多様な接続を展開し、SD-WANで管理するケースが増えています。

ブランチオフィスやモバイルワーカーがクラウドアプリケーションにアクセスする際には、俊敏で安全かつ信頼性の高い直接接続が必要となります。アプリケーションへのアクセスを提供するため、企業はクラウドWANを利用して、低コストのアグリゲート接続や、クラウドで管理されたネットワークやセキュリティ機能を活用しています。これにより、運用が簡素化され、「light(軽量)」ブランチITフットプリントを維持し、帯域幅と運用コストが削減されます。

クラウドWANの問題と課題

クラウドWANは、複数のクラウド環境にまたがるクラウド資産、ソフトウェア、アプリケーションなどで構成される分散型コンピューティングアーキテクチャです。

クラウドWANを利用する企業は、信頼性とパフォーマンスの課題に直面しています。優れたパフォーマンスを実現するためには、帯域幅のプロビジョニングとトラフィックステアリングの両方を動的に行い、ビジネスポリシーに基づいてトラフィックに優先順位をつける機能が必要です。また、接続モデルのあらゆる側面に組み込まれた強固なセキュリティも必要とされます。

SD-WANがクラウド監視に最適な理由

SD-WANは、クラウドWANの展開、管理、モニタリングに最適なソリューションです。クラウドWAN(またはクラウドネットワーク)の中でネットワークおよびセキュリティサービスを提供することにより、IT部門はクラウドネイティブなソフトウェアオーバーレイを使用して基本的なネットワーク機能をサポートすることができます。これにより、接続に依存しないアーキテクチャが実現され、従来のネットワークでは単一機能のネットワークやセキュリティのハードウェアアプライアンスごとに必要だった、複雑で面倒な、そしてしばしばエラーを起こしやすい手作業による設定が不要になります。

SD-WANマネージドクラウドWANは、支店、ポップアップショップ、建設現場の仮設トレーラーなど、事実上あらゆるタイプの場所をサポートします。ゼロタッチ展開により、ネットワーク管理者は、遠隔地に技術者を派遣することなく、中央のオーケストレーターからビジネスポリシーを維持しながら、これらの拠点に安全で信頼性の高いWAN接続を迅速かつコスト効率よく展開することができます。

クラウドへの移行にはSecure SD-WANが必要

Secure SD-WANのアーキテクチャは、ソフトウェアベースで、クラウドネイティブ、マルチテナント、マルチサービスのソフトウェアプラットフォームであり、主要コンポーネントとしてルーティング、SD-WAN、マルチレイヤーのセキュリティ機能を備えています。

Versa Secure SD-WANは、ブランチオフィスの接続性をプライベートクラウドやパブリッククラウドに安全かつ確実に拡張します。Versa Secure SD-WANは、SLAモニタリングとSD-WANポリシー管理により、マルチクラウドやSaaSのワークロードをサポートし、企業はコンテキストに応じたユーザー基準を適用して、適切なパスにトラフィックを自動的に誘導することができます。

Versa独自のマルチテナントアーキテクチャにより、MSPや大企業は1つのVersa VOSTM(旧FlexVNF)インスタンスを使用してマルチクラウドをサポートすることができます。このアーキテクチャは、ユーザー、トラフィッククラス、可変エンドポイント間の完全なルーティングと管理の分離を維持しながら、マルチクラウド接続、複数のお客様、部門、営業科目をサポートします。

Versaに組み込まれた多層構造のセキュリティは、マルチクラウドの展開と管理に安全なアプローチを提供することで、クラウドWANをサポートします。

クラウドWANの柔軟な拡張性

NFVベースのモデルでSD-WANを使用してクラウドWANを展開する場合、独自のハードウェアを交換したり追加したりすることなく、ネットワーク容量を動的に拡大または縮小することができます。ブランチの帯域幅は、トラックロールやアプライアンスの交換なしに、自動で、または中央のプロビジョニングポータルからのコマンドにより数分で2倍にすることができます。ネットワークのトラフィックが急増して特定のブランチがより多くの容量を必要とする状況になった場合、SD-WANは自動的にその需要に応じてスケールアップすることができます。ネットワークの急増が収まると、SD-WANは必要に応じてスケールダウンを実行します。

柔軟な分散型サービスアーキテクチャ

NFVでは、サービスプロバイダーや大企業は、ネットワークやセキュリティ機能の各レイヤーの展開・実行を、ブランチオフィスのオンプレミスで行うか、それともデータセンターやプロバイダーのPoP(最寄りの接続点)を通じて中央で行うかを柔軟に決めることができます。

例えば、アンチウイルスやIPSなどの計算負荷の高いサービスは中央で実行し、アプリケーションの識別、SD-WAN、ルーティング、ファイアウォールなど、ブランチで重要とされるサービスはローカルで実行することができます。また、Versa SD-WANは、ビジネスニーズに応じて、ローカルとリモートの両機能を含むサービスチェーン定義を使用して、重要なネットワークサービスを統合することができます。

クラウドWANの集中管理と自動化

ソフトウェア定義とNFVをベースにしたクラウドWANのアプローチは、SD-WAN機器のプロビジョニングを簡素化し、単一のコントロールポイントからネットワークとセキュリティサービスを提供することで、ソリューションの展開と設定のためにオンサイトの技術者が必要になることはありません。 その代わりに、SD-WANサービスを導入することで、オンサイトでの作業やハードウェアの更新、手動での操作を必要とせずに、帯域やサービス容量の増加や機能追加を自動的に行うことができます。

さらに、ブランチサイトで独自のネットワーク機能やセキュリティ機能が必要な場合は、単一の管理ポータルからブランチごとに自動的にサービスを受けることができます。管理ポータルでは、柔軟な設定と継続的なポリシー管理が行えるよう、ロールベースの管理を可能にしておく必要があります。