Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.



SASEは貴社にとってどのように役立つのか?

SASEは、すべてのネットワーキングとセキュリティの機能を単一サービスのクラウドネイティブでグローバルに分散化されたアーキテクチャに集約し、セキュリティの焦点をトラフィックフロー中心からアイデンティティ中心に移すものです。

SASEは、グローバルなネットワークファブリックにセキュリティが埋め込まれたテクノロジーパッケージであり、ユーザーの場所、アクセスするアプリケーションやリソースの場所、あるいはユーザーとリソースを結ぶトランスポート技術の組み合わせに関係なく、常に利用可能です。

SASEのセキュリティアーキテクチャは、従来のWANアーキテクチャの問題を解決し、ビジネスに新たなデジタルトランスフォーメーションの機会を提示し、ITスタッフをより効果的に再配置するなど、様々な形で組織に貢献します。SASEが支援できる具体的な方法は以下の通りです。

コストと複雑さを軽減する

ITインフラやポイント製品の拡散を最小限に抑え、多数の拠点を管理するために費やすIT全般の労力を軽減することができます。ITチームが追跡し、パッチを当て、アップデートし、ライフサイクルを管理しなければならないデバイスの数も少なくなります。SASEはDIAのセキュリティを確保することで、輸送コストのイノベーション、マルチパスのバックアップ接続の改善、ロケーションの柔軟性の向上、グローバルなユーザーアクセスの強化、キオスクなどの一時的プレゼンスの可能性、そして5G機能の活用などが実現されます。

新しいデジタルビジネスのシナリオ

SASEは、お客様の資産がどこにあろうとお客様を保護することができるため、お客様はマルチクラウドの機会を十二分に活用することができます。SaaSモデルを採用しているため、SASEへの参入障壁は驚くほど低くなっています。数本のライセンスで簡単に使い始めることができ、ボックスを購入、設定、導入することなく、即座に新しいサービスを追加することができます。

集中型オーケストレーション

また、エンドツーエンドの分析機能により、複数の異なる製品の管理情報を関連付ける際のITスタッフへの負荷(および必要なスキル)を軽減することができます。

リモート&モバイルでのセキュアでシームレスなユーザーアクセス

SASEは、オンプレミス、クラウド、モバイル/ホームオフィスなど、必要とされるどんな場所にも導入することができ、常に一貫したユーザー認証とセキュリティポリシーの施行が可能です。SASEは、ユーザーがどこにいても、どんなデバイスを使っていても、どんな交通手段を使っていても、シームレスで最適化されたエクスペリエンスを提供し、トランザクションを実現します。

最小特権のアクセスを適用し、攻撃対象を削減

デジタルトランスフォーメーションとWFAのトレンドにより、ネットワークの攻撃対象が大幅に拡大しています。SASEは、ZTNAの原則を適用し、すべてのトランザクションにIDベースのセキュリティを適用し、最小限の権限でアクセスできるようにすることで、ネットワークの攻撃範囲をさらに狭めることができます。これにより、1回の侵入後のネットワーク内における横方向の動きが緩和されます。SASEは、インターネットとMPLSのトランザクションを同等に安全にします。

一貫したポリシーの適用

SASEアーキテクチャでは、セキュリティポリシーを一箇所で管理、設定することができ、そのポリシーはネットワーク全体に自動で行き渡り、あらゆる場所で実施されます。これにより、従来のWANアーキテクチャにおける多くのセキュリティの抜け穴や複雑さが解消されます。また、従来のセキュリティデバイスをネットワーク上でそれぞれバラバラに維持管理するためのテストの負担もなくなります。

ITスタッフの有効性を高める

ITスタッフが複数のベンダー製品の学習や認定に時間を費やす代わりに、チームメンバーは統合されたロールベースのIT責任を割り当てられ、オンプレミスやクラウドの資産を含むネットワーク全体を集中的に可視化し、コントロールすることができます。SASEのアーキテクチャにより、ITスタッフはより戦略的な業務に集中することができます。

パフォーマンスの向上と最適化

シングルスタックのソフトウェアSASEの実装は、従来のアーキテクチャのようにパケットのパック/アンパックを繰り返すのではなく、すべてのセキュリティチェックとポリシーの適用をシングルパスで行うことにより、パフォーマンスを最適化します。また、SASEの実装では、単一のポリシー実行点へのトラフィックのバックホールが不要になり、その結果、スケーラビリティのボトルネックやレイテンシーの増加が発生しません。SASEアーキテクチャでは、ユーザーやトラフィックが存在する場所でセキュリティを確保することで、クライアントからクラウドへのレイテンシーを最適化することができます。また、オンデマンドの従量課金モデルにより、時期によるトラフィックの変動にも対応できます。

無料の電子ブック

SASE
For Dummies(SASE入門)

ベストプラクティスと実際の顧客への導入、そしてSASEを導入した組織にもたらされるメリットなど、SASEのビジネス・技術的背景に関する説明が含まれています。