Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

真のマルチテナンシー


管理、データ、コントロールプレーンの独立性。

企業は、ネットワークセキュリティを実現するためには、ネットワークのセグメンテーションが必要であり、それによってレイヤー2ドメインの制限から解放されるものと考えていました。そしてVLAN(Virtual Local Area Network)がセグメンテーションのデファクトスタンダード(事実上の標準)となりました。VLANは、事業単位、ゾーン、セキュリティを分離するためのメカニズムをもたらしました。

しかし、VLANは、一般的な企業ネットワークにおいて、最低限のセキュリティと分離を提供するものにすぎません。あるVLAN上のユーザーが他のVLAN上の情報に直接通信したりアクセスしたりできないのは事実ですが、DOS(サービス拒否)攻撃を使用すると、他のVLANのトラフィックや通信に影響が及ぶ可能性があります。

Versa SASEは、Versaオーケストレーションプラットフォーム、コントロールプレーン、データプレーンにまたがる真のマルチテナンシーを実現します。このレベルのマルチテナンシーにおいては、ポリシーや設定、ログや統計情報がテナント毎に分離されています。

完全なマルチテナントシステムとは、管理レベル、コントローラプレーン、データプレーン、アナリティクスレベルでマルチテナンシーが実現されているシステムのことです。

Versa SASEは、クラウド、ヘッドエンド、データセンター、支店、エッジデバイスの各拠点で、このレベルのマルチテナンシーを実現しています。

管理プレーンのマルチテナンシー
  • テナントごとに独立したRBAC
  • 個々のテナントのユーザーは、自分のテナントのデバイスしか見ることができない
データプレーンのマルチテナンシー
  • ルーティングテーブルの分離
  • 各テナントには最大1024個のVRFを設定可能
  • データプレーンはSD-WANデバイス間で独立した暗号化トンネルを確立
  • ルーティングテーブルの独立したインスタンス、BGPインスタンス、OSPFインスタンスなど
コントロールプレーンのマルチテナンシー
  • テナントごとに独立したSD-WANエンジン
  • テナント毎にコントローラと独立して暗号化されたセキュアなトンネル
  • テナントごとに独立したトポロジー

市場で唯一の真のマルチテナントSASEアーキテクチャ。

Versa Networksは、市場で唯一の真のマルチテナントソリューションであり、企業はクラウド、ヘッドエンド、データセンター、支店、エッジデバイスの各拠点で、管理プレーン、データプレーン、コントロールプレーンのマルチテナント化を実現できます。Versa SASEは、真のマルチテナント実装のためのネイティブなセグメンテーション機能を備えています。Versa SASEのオンプレミス型VOSは、最大256の独立したテナントをサポートすることができます。

これにより、各お客様のトラフィックを分離しながら、1つのインスタンスで複数のお客様、事業部門、または機能をホストする柔軟性を実現しています。さらに、各テナントは、コントロールプレーン、データプレーン、管理プレーンを完全に分離した上で、複数のVRF(仮想ルーティングとフォワーディングテーブル)、VLAN、サービスチェーンを持つことができます。このレベルのセグメンテーションを実現しているソリューションは、Versa以外にはありません。