Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

Versa Management


Versa SASEは、クラウドやオンプレミス、または両方の組み合わせとして利用できる一元管理ソリューションです。管理インフラは以下の要素で構成されています:

  • Versa Director

    VOSオーケストレーションのための集中型プロビジョニング・管理アプリケーション。

  • Versa Analytics

    ネットワーク、セキュリティ、SD-WAN、アプリケーション、ユーザーのために、過去の洞察、予測、フォレンジック分析を提供するビッグデータツール。

  • Versa Controller

    支店からヘッドエンドノードへの安全な接続を提供するVPNコンセントレータおよびルートリフレクタ。Versa Controllerは、支店間でリアルタイムの到達性、ルート、トポロジー、パフォーマンス、SLA情報を交換するためのコントロールプレーンのバックボーンとなります。

Versa Managementは、真のマルチテナントシステムであり、RBAC(ロールベースのアクセスコントロール)によってテナント間の分離を実現します。Versa Managementは、様々なモデルで展開し、利用することができます。


オンプレミス

Versa SASEのサービスは、支店、在宅勤務、地域オフィス、本社、データセンター、クラウドなど、オンプレミスに展開されています。オンプレミス型の導入では、SD-WANを介して、ほぼすべてのクラウドサービスの玄関口に設置されているVersa Cloud Gatewaysの分散型システムへの接続を拡張するオプションも用意されています。

このように企業ネットワークを拡張することで、世界中のクラウドアプリケーションへの高速で信頼性の高いセキュアなアクセスが可能になります。

Versa managementは通常、ベアメタルアプライアンスまたは仮想環境上の顧客構内(データセンター)に展開されます。一方、パブリッククラウド環境にVersa managementを展開することも可能です。

オンプレミス型の展開モデルでは、管理権限は完全に企業のITチームにあります。要件に応じて、データが企業ネットワークから外に出ていかないようVersa managementを展開することができます。Versa管理システム全体をインターネットからエアギャップすることで、さらに高度なセキュリティを実現します。


ホスト型

管理サービスとしてVersa SASEの導入を希望する企業は、通常、「マネージドサービスプロバイダー」とも称されるこの展開モデルを活用します。ホスティングモデルでは、サービスプロバイダーは、エンタープライズSASEの実装の構成管理と監視を受け持つことになります。

サービスプロバイダーは、Versaのマルチテナント機能を活用して、1つのVersa管理システムを複数のテナントに展開することができます。Versaのロールベースアクセスコントロール(RBAC)を活用することで、サービスプロバイダーは企業のITチームとの間で、企業ネットワークの共同管理を安全に行うことができます。


クラウド

Versaは、Versa SASEのクラウドマネージドオーケストレーションを、企業とマネージドサービスプロバイダーの双方に提供します。クラウドマネージドオーケストレーションは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方において、共有または専用のオプションでサービスとして提供されます。このモデルでは、Versaマネジメントは地理的冗長の設計で展開し、Versa NOCが24時間365日休みなく管理・維持します

異なるテナントを分離し、プライベートなVersa管理を実現するために、RBAC(ロールベースのアクセスコントロール)が活用されています。このモデルでは、Versa NOCがVersa SASEの管理と保守を担当し、お客様のITチームがCPEの管理と監視を担当します。


併用型

大多数の企業、ビジネス、組織では、クラウドまたはオンプレミスのどちらかの実装ですべてを賄うことはできません。ほとんどの企業・組織は、規模、サービス、複雑さなどが異なるさまざまな拠点を持っているからです。

ある拠点では、より多くのSASEサービスをオンプレミスで提供する必要があるかもしれません(例:顧客や従業員に複数のサービスを提供する負荷の大きい拠点)。一方で、クラウド経由で提供されるより多くのSASEサービスが有益な拠点もあります(例:顧客に基本的なサービスを提供する負荷の軽い拠点)。さらにまた、クラウドとオンプレミスを組み合わせたSASEを必要とする拠点もあります。

Versa SASEは、クラウドとオンプレミスの両方のサービスを組み合わせてシームレスに展開できる柔軟性があります。VOS(Versa Operation System)は、オンプレミスとクラウドの両方のSASEサービスを実行することで、サービスの提供場所に関わらず、一貫したサービス、機能、ポリシー、構成を実現します。

ある拠点グループではオンプレミスのSASEを使用し、別の拠点グループではクラウドのSASEを使用、そして残りの拠点ではクラウドとオンプレミスの両方をバランスよく使用することが可能なのです。これらはすべて同じ管理インターフェイスで管理され、ポリシーはクラウドとオンプレミスの実装間で一貫して偏在的に適用されます。