Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge, or SASE, is an emerging cybersecurity concept. In this video, you understand how the key capabilities of SASE address the demands of growing network sprawl and the challenges of digitally transforming your business.

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

 
 
Top Energy Firm Achieves Comprehensive “Work-From-Anywhere” with Versa SASE

A large, publicly traded energy company operating in all areas of the oil and gas industry has dramatically simplified their network stack and realized huge cost savings with Versa SASE.

 
Availability and Buying Options in the Emerging SASE Market

EMA evaluates the different SASE vendors and their approaches to architecture, go-to-market, and support for their cloud-delivered and hybrid services.

 
Versa Networks - Explained in 1 minute

Learn about the Versa Secure SD-WAN solution in a high-level, one minute overview.

Versa SASE (Secure Access Service Edge)

SASE is the simplest, most scalable way to continuously secure and connect the millions points of access in and out of the corporate resources regardless of location.

 
Versa Secure SD-WAN – Simple, Secure, and Reliable Branch to Multi-Cloud Connectivity

Versa Secure SD-WAN is a single software platform that offers multi-layered security and enables multi-cloud connectivity for Enterprises.

洗練されたアナリティクス

可視性とコントロールを実現するリアルタイム分析。

Versa SASEは、アプリケーション、ユーザー、ワークロード、データベース、ウェブサーバー、セキュリティポリシー違反を首尾一貫して可視化するための一元化されたポータルを提供するため、すべてのスタッフが個々のクラウドとその固有のツールの複雑な仕組みを理解する必要はありません。

Versa SASEの単一の画面(a single pane of glass)を通して、企業はグローバルマップから特定のワークロードの地理的な位置を正確に把握し、どのユーザーが特定のワークロードにアクセスしているかを把握することができます。ワークロードが外部からの攻撃を受けている場合、企業はワンクリックでその攻撃をブロックすることができます。また、詳細な分析結果にアクセスすることで、誰がサービスを停止させようとしているのか、どのような攻撃を使用しているのか、どのようにしてその攻撃を軽減できるのかなど、攻撃に関する詳細な情報を得ることができます。

洗練された高度なアナリティクスにより、企業はすべての環境においてベースラインのセキュリティ態勢を調整することができます。デバイスの使用率を表示する画面は、組織のパフォーマンス管理に役立ちます。

特定のデバイスのCPU使用率が所定のしきい値を超えた場合、より多くのデバイスをインスタンス化し、全体のパフォーマンスを向上させるオートスケーリングポリシーを作成することができます。また、どの地域のどのユーザーがサービスを利用しているかを確認することもできます。Versa Analyticsを利用することで、企業は可用性の高いインフラを構築し、将来のビジネス拡大を見据えた計画を準備することができます。そしてこれらはすべて、アプリケーションの観点から行われ、単一のアナリティクスダッシュボード上に表示されます。

Versa Analyticsは、ネットワークのリアルタイムおよび履歴の可視化、ベースライン化、相関関係、予測、クローズドループフィードバックを提供するビッグデータベースのソリューションで、以下のような機能を備えています:

  • ポリシーに基づいたデータロギング
  • リアルタイムおよび過去のトラフィックの可視化と異常検知
  • 複数のネットワークおよびセキュリティサービスのレポート
  • 複数の組織を網羅するレポート作成
  • サードパーティのアプリケーションや監視ツールとの統合

ユーザー、デバイス、およびアプリケーションのトラフィックに関するカスタムレポート作成機能。

Versa SASEは、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーション、ユーザーフローの多次元、履歴、およびほぼリアルタイムのデータレポートをサポートするネイティブアナリティクスエンジンが組み込まれています。また、モニタリングの効率を高めるため、自動化されたレポート生成と電子メール機能を搭載しています。

複数のクラウドサービスへのシームレスで安全な接続は、Versa SASEの一段と際立つ利点のひとつです。Versaは、Versa Link Score(VLS)に基づくパス選択をサポートしています。これは、TCPパラメータ、MOSのようなスコアリング、ラウンドトリップタイム、ラウンドトリップディレイ、ジッター、遅延、損失、アプリケーションのパフォーマンスメトリクスを考慮した複合的スコアです。Versaは、ネットワーク上のすべてのトラフィックフローに関してMOSのようなエンジンを利用しています。アクティブ/パッシブ・モニタリングによる「経験値計算(experience calculation)」を用いることで、アプリケーションのパフォーマンスを判断します。

Versa Analyticsは、アプリケーションインテリジェンスを複数のクラウド/SaaSサービスに提供しますが、これは容易にエクスポートや監査ができるようになっています。

真のファーストパケット自動認識を数千のアプリケーションに提供

Versa Analyticsは、内蔵のディープパケットインスペクション(DPI)エンジンを使用して、3600以上のアプリケーションを自動認識します。また、対応するIPアドレスとドメイン名の自動更新されるデータベースを使用して、最初のパケットだけで多くのSaaSアプリケーションを識別することができます。これにより、お客様は最初のパケットからフローに適用されるポリシー(パス選択、QoS、セキュリティポリシーなど)を作成することが可能になります。

無料の電子ブック

SASE
For Dummies(SASE入門)

ベストプラクティスと実際の顧客への導入、そしてSASEを導入した組織にもたらされるメリットなど、SASEのビジネス・技術的背景に関する説明が含まれています。

 

Versa SASEの展開方法

Versa SASEは、お客様のネットワーク環境に合わせて、さまざまな展開オプションをご用意しています。

オンプレミス

アプライアンス、ベアメタル、ハイパーバイザー、コンテナなど、オンプレミスのハードウェアに展開するソフトウェアとしてご利用いただけます。

クラウド

ネットワーク、セキュリティ、アナリティクスをクラウド経由で提供するサービスとして、回線の細い支店やエンドユーザーに提供。

クラウドとオンプレミス

SASEのサービスをクラウドとオンプレミスの両方で提供することで、あらゆるワークプレイスに対応可能です。